聊斎モチベーション異。中国の清料金のお客様、蒲松齢というお客様が書いた、狐やらお化けが出てくる読物です。私はこういう作が大好きです。読んでいると、古代中国にははたしてこんなお化けがたくさんいたのかもしれない、として仕舞う。自分もこの時代に行って、幽鬼や狐ってめぐりあいたいものだ。
私が持っているものは上げ下げ巻で全92篇。その中で最も好きな課題は「酒相棒」です。酒好きの輩が、ある日酒好きの狐にぶつかり、何とも仲良くなる。のち輩が死ぬまで交流する、というだけの課題です。ヒーローの父親が個性が博士です。酒飲みクラブなら更に狐も構わない心の広さ。料金がなくても酒ばっかり飲み込むなんてほとんどアル中ですが、まさに憎めない。料金のない父親の為に酒を持ってきたり、父親のファミリーの生涯を豊かにしてあげたり、狐もとっても手厚い。残酷形容ゼロのいい話です。
ただしうら淋しいのは、父親が死んで、終了、狐も消えたことである。ファミリーとも温かくしていたのにどうして消えたのか。丸ごと気安くしていても良かったのではないかと見紛う。父親には息子がいた。大酒のみの息子なんだから、狐の真新しい酒相棒になれたかもしれないのに。
私が仮にこういう息子で大酒のみだったら、消えた狐を探して観光に出かけるだろうな、などと、スタンスを巡らせてしまうほど、こういうおしゃべりが大好きです。埼玉県春日部市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です