悪に関しまして考えていきたいと思います。
悪というと、取り敢えず悪いイメージが挙がってくるかと思います。
それは何ででしょうか。
判りません。
反比例によってみたいと思います。
モラルだ。
モラルは何なのでしょうか。
正しさを力で証明するみたいな感じだ。
では正しさは何なのでしょうか。
悪には、悪の正しさがあるのではないかと思います。
何らかの悪の道徳を通じて動いているからこそ「悪」として成立しているんだと思います。
こう変わるって「悪」も「モラル」もなんにも貫くような気がしてきます。
但し、現に「悪」はある或いは在ると思います。
やっぱり、モラルがどこにあるのかとすら言えるのが毎日ではないでしょうか。
「モラルの絶無」、これでは人前が機能するのかと思います。
基本的にお巡りさんが、掟が「モラル」となっているかのように思います。
何らかの犯行が起きたときに対処してくれるからだ。
その始まりには、ナショナリズムがあるは分かりますが具体性という見た目なアイテムを通じてしまうと、やっぱりナショナリズムはうっすらとしてしまうのかもしれません。
するとどこにナショナリズムが在るのかとすら思えてくるのではないでしょうか。
ナショナリズムは見えにくいアイテムなのかもしれません。鳥取県米子市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です